【新潟新馬戦】アネゴハダ 抜け出し完勝、幸が連勝 次走は小倉2歳S予定

[ 2021年7月25日 05:30 ]

<新潟6R新馬戦>レースを制したアネゴハダ=右(撮影・田井秀一)
Photo By スポニチ

 新潟6R新馬戦(ダート1200メートル)は、4番人気アネゴハダ(牝=佐々木、父キズナ)が2番手から力強く抜け出して完勝。新馬戦連勝となった幸は「能力が高い。これからの課題はゲートと、もまれた時ですね」と分析した。

 次走は芝に替わって小倉2歳S(9月5日、小倉)を予定。佐々木師は「いい競馬ができた。差す競馬をしっかり覚えていけば、いい馬になると思う」と話した。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年7月25日のニュース