【宝塚記念2週前追い】キセキ 香港遠征疲れなし、辻野師好感触「順調に調整」

[ 2021年6月10日 05:30 ]

Cウッドを単走で追い切るキセキ
Photo By 提供写真

 一昨年、昨年と宝塚記念2着に入ったキセキ(牡7=辻野)はCWコース単走。上がりをサッと伸ばし、6F84秒2~1F12秒0を刻んだ。

 香港遠征の前走クイーンエリザベス2世Cは出遅れたもののゴール前で4着に浮上。辻野師は「タフな馬ですぐに体調は回復しました。順調に調整を進められています」と好感触。「ジョッキー(福永)と相談しながらゲート練習もしています。スタートを決めて自分のリズムで運べれば」と期待を口にしていた。

続きを表示

「エルムS」特集記事

「レパードS」特集記事

2021年6月10日のニュース