【びわこ・ヴィーナスシリーズ最終日12R優勝戦】エミ 湖国の女王

[ 2021年5月4日 05:30 ]

前走・多摩川に続くヴィーナスシリーズ連覇に挑む地元・遠藤エミ
Photo By スポニチ

 予選トップ通過の遠藤エミ(33=滋賀)が5日目の準優12Rも危なげなくインから押し切り、ファイナルの絶好枠を獲得した。52号機は日増しにパワーアップし、V決戦を前に3拍子そろった快速足に成長。こうなれば地元・湖国女王に死角はなし。圧倒的な強さを見せつけて主役を全うするとみた。遠藤に太刀打ちできるのは経験値の高さで群を抜く山川美か。レース足抜群の前節V機を武器に、真っ向勝負を挑む。

 【びわこ12R】
 (1)遠藤 エミ
 (2)山川美由紀
 (3)松本 晶恵
 (4)山下 友貴
 (5)竹井 奈美
 (6)広中智紗衣

 遠藤が絶好枠を獲得したことで、がぜん優勝確率がアップした。腕良し足良し、そして枠良しだ。あとは、しっかりとインを守り切ってスタートに集中していくのみ。同体の踏み込みを決めていけば、伸び返すパワーが手伝って余裕を持って先マイすることができるはずだ。前走の多摩川に続くヴィーナスS連覇に今年3V、そして地元・びわこでの4回目の優勝を狙う。山川美は強出足で決め差し勝負。松本はスタートを決めて余裕を持って1Mを見極めたい。行きっぷりの良さで竹井を4番手評価に。

 全国のボートレース女子戦とナイターのスポニチ予想がコンビニ各社のプリントサービスで1枚200円から販売中(各開催日午前7時~午後9時)。

 詳しくはhttps://www.e-printservice.net/content_detail/spopriへ。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年5月4日のニュース