【皐月賞】(7)エフフォーリア 4年連続連対中の絶好枠

[ 2021年4月16日 05:30 ]

美浦トレセンで軽めの調整を行ったエフフォーリア(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 エフフォーリアは絶好の7番枠を手にした。

 皐月賞が18頭立てになった90年以降、最高連対率(25・8%)を誇り、近年は4年連続連対中。水出助手は「内過ぎず外過ぎず、いいのでは。前めで競馬ができるし、内と外を見ながら行ける。最近はゲートの中でもうるさくないので(先入れの)奇数も気にならない」と満足そうに話した。

続きを表示

この記事のフォト

「2021 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年4月16日のニュース