【京阪杯】傾向と対策

[ 2020年11月29日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る(全て京都で開催)。

 ☆年齢 3歳【3・1・0・17】、4歳【3・4・2・32】、5歳【3・4・5・39】、6歳【1・0・3・32】、7歳以上【0・1・1・20】。連対率は3~5歳で変わらない。高齢馬は苦戦。

 ☆前走 4着以内【7・8・7・47】、5着以下【3・2・4・93】。3着以内馬のべ31頭中22頭が4着以内だった。5着以下は3着内率8・8%と苦戦。

 ☆4角位置取り 先頭【4・1・0・5】、2番手【2・0・2・10】、3番手【2・0・2・11】、4番手以下【2・9・7・112】。逃げ、先行馬の押し切りが目立つ。

 結論 ◎カレンモエ ○ロードアクア ▲ジョーカナチャン

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年11月29日のニュース