【ジャパンC】コントレイル100点!疲れ知らずの柔らかさ 1カ月前の“激闘”菊花賞より「ふっくら」

[ 2020年11月24日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<ジャパンC>世紀の決戦へ万全!「達眼」鈴木氏が100点満点をつけたコントレイルの馬体
Photo By スポニチ

 JC3強のボディーに明暗が分かれた。鈴木康弘元調教師(76)がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。第40回ジャパンCでは無敗3冠馬コントレイルを唯一満点とし、8冠女王アーモンドアイには2位の95点を付けた。対照的に無敗3冠牝馬デアリングタクトは80点の辛口採点。達眼が捉えたのは腹周りと毛ヅヤの変化だ。

 これが菊花賞で死力を尽くして間もない馬体なのか。飛行機雲(コントレイル)と名付けられた青鹿毛がまとっているのは非凡さがひと目で分かる柔らかくてしなやかな筋肉。無敗3冠に挑んだ1カ月前と変わらない素晴らしい張りと毛ヅヤを保っています。疲れが残っていれば腹周りが多少なりとも細くなるものですが、むしろ菊花賞時よりふっくらしている。460キロ前後の体重以上に大きく見せる馬体。4冠ロードには一点の曇りもありません。

 菊花賞では外からプレッシャーをかけてきたアリストテレスの猛追を首差しのいだ。道中掛かりながら3000メートルを何とか乗り切りました。それからわずか1カ月で反動のかけらもない普段通りの体に戻っているのはなぜか。疲労が蓄積しづらい柔軟な筋肉を備えているからです。

 3冠制覇はコントレイルにとって通過点なのでしょう。その立ち姿は菊花賞からの新たな進化を伝えています。1カ月前には気持ちの高ぶりから少しだけ上げていた尾をごく自然に垂らしています。精かんな顔立ちでハミをゆったりと受けながら、悠然と尾を流す。3冠馬にふさわしい風格。厳しい経験は人も馬も成長させるものです。菊花賞の厳しい戦いを乗り越えて気性が成長したのでしょう。

 中距離体形だけに3000メートルから2400メートルに替われば一層戦いやすい。別表の項目通り、筋肉の張りから腹周り、毛ヅヤ、立ち姿、体形までひと通りチェックした後、目を見て驚かされました。意志の強さと穏やかな気性を宿した光を放っています。過去2頭の無敗3冠馬にも見られなかった不思議な眼光。シンボリルドルフは菊花賞直後のジャパンCで3着、父ディープインパクトは菊花賞後に有馬記念に挑んで2着と、初めて土が付きました。目が口ほどにものを言うなら、この眼光が訴えるものは…。

 父の蹄跡も上回る史上初の無敗4冠。もう1段進化したコントレイルなら新たな領域へ飛翔できます。晩秋の青空に真っすぐ伸びる飛行機雲のように。(NHK解説者)

 ◆鈴木 康弘(すずき・やすひろ)1944年(昭19)4月19日生まれ、東京都出身の76歳。早大卒。69年、父・鈴木勝太郎厩舎で調教助手。70~72年、英国に厩舎留学。76年に調教師免許取得、東京競馬場で開業。94~04年に日本調教師会会長を務めた。JRA通算795勝、重賞はダイナフェアリー、ユキノサンライズ、ペインテドブラックなど27勝。19年春、厩舎関係者5人目となる旭日章を受章。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年11月24日のニュース