【東京新馬戦】ルヴィアス快勝!横山典「デビュー戦としては100点」

[ 2020年11月23日 05:30 ]

<東京6R>新馬戦を制した横山典騎乗のルヴィアス(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 東京6R新馬戦(ダート1600メートル)は1番人気ルヴィアス(牡=小西、父ヴァンセンヌ)が中団から突き抜けてV。猛追してきた2着馬に2馬身差をつけての快勝だった。横山典は「馬が真面目でおとなしい。ゲートも良かったし、砂をかぶっても全く問題なかった。最後まできちんと脚を使ったし、デビュー戦としては100点。芝スタートの感じからも芝でもやれそう。先々が楽しみ」とべた褒め。小西師も「落ち着いて競馬をして予定通りのレースでした」と振り返った。次走は未定。 レース結果

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年11月23日のニュース