×

【東京9R・オキザリス賞】1番人気バクシンが2連勝  斎藤誠師「強い競馬だった」

[ 2020年11月14日 16:17 ]

オキザリス賞を制した斎藤騎乗のバクシン(右手前) (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 2歳1勝クラスの東京9R・オキザリス賞(ダート1400メートル)は6番手追走の1番人気バクシン(牡=斉藤誠、父ヘニーヒューズ)が直線で力強く伸びて、前走・未勝利戦に続き2連勝を飾った。

 再コンビの斎藤は「レースを使うごとに精神的に落ち着きが出てきた。前走が強い内容だったが、きょうも物見をしながら着差以上に強い内容。これからが楽しみ」と称賛。父の斎藤誠師は「この馬のために息子を呼んだ。行く馬も多かったし、きょうのように控える形が理想。強い競馬だった。きょうみたいな競馬ができれば距離は延びても大丈夫。G1を視界に入れたい」と交流G1・全日本2歳優駿(12月16日、川崎)を次走候補に挙げた。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2020年11月14日のニュース