【菊花賞】(12)レクセランス、12番枠に満足顔 松山「一番欲しかったところ」

[ 2020年10月24日 05:30 ]

 レクセランスは角馬場からCWコースへ。池添学師は「春先に比べるとトモがしっかりしましたね。体もうまく維持できてますよ」と仕上がりに合格点を与える。大跳びでノビノビと走らせたいタイプ。

 松山は「もまれるのは嫌だったし、一番欲しかったところですね」と12番枠に満足顔だった。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月24日のニュース