【徳山・ダイヤモンドカップ】山下の急上昇も 秦とともに前検1番時計 上積みに期待

[ 2020年9月23日 05:30 ]

 秦とともに前検1番時計をマークした山下。地元レジェンドの今村が「足併せは山下が良かった」と高く評価していたように、前検日から存在をアピール。ただし、本人は「ペラはそのまま。試運転の感じは良かったけど起こしで少し鳴きが入った。試運転みたいに伸びてくれれば」と言葉を選んでいた。納得できるレベルのスタート特訓とはいかなかった様子だが、レースまでに上積みを果たして急上昇する可能性は十分。いつも通りのガッツあふれるレースに期待が高まる。初日は3Rの1回乗り。展示気配に注目だ。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月23日のニュース