来年KEIRINグランプリ 東京五輪個人メダル獲得者が選抜へ 延期に伴い今年は昨年と変わらず

[ 2020年9月16日 05:30 ]

 JKAは15日、検討中としていた12月30日に平塚競輪場で行われるKEIRINグランプリの選抜方法を発表。東京五輪自転車競技トラック個人種目メダル獲得者が消去された。これにより選抜方法は、開催時S級在籍者から(1)G1優勝者(2)選考委が特に認めた選手(3)選考用賞金獲得額上位者が選抜される。選考期間は今年1~11月(競輪祭最終日)。東京五輪延期に伴い、昨年と変わらない選抜方法となった。また、21年のKEIRINグランプリに東京五輪自転車競技トラック個人種目メダル獲得者が選抜される。

 加えて、21年度のG1、2の選抜方法も発表。21年5月の日本選手権(ダービー、京王閣)から22年3月のウィナーズカップ(宇都宮)までも東京五輪自転車競技トラック種目代表選手が選抜されることとなった。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2020年9月16日のニュース