【ひまわり賞】ヨカヨカ圧逃Vで無敗3連勝!次走は秋か年明けか 谷師「来年の桜花賞には出してやりたい」

[ 2020年8月29日 15:06 ]

 断然1番人気に支持されたヨカヨカ(牝2=谷、父スクワートルスクワート)が速さで圧倒!別定57キロを背負っていながらテンからスッと行き脚がついてハナへ。前半34秒0、上がり35秒2にまとめ、直線は馬場が荒れた内側を避けるコース取りで3馬身半差の逃げ切りV。一般馬相手の新馬戦、フェニックス賞に続き、九州産限定のここで無敗3連勝とした。

 福永は「競馬の形にはこだわっていなかったんです。あまり負担をかけないようにして道中リラックスしながら楽に走れていたし、馬場のいいところを選ぶ余裕がありました」と回顧。谷師は「テンのスピードが違ったね。鞍を持ったら57キロは重くて、かわいそうだなと思ったけど無理せず回ってこられて良かった」と安どの笑みを浮かべる。来週の小倉2歳S(9月6日)については「行かない」と即答。「きょうは滞在競馬だから体(2キロ減)が増えてほしかった。次走が秋か年明けか分からないけど来年の桜花賞には出してやりたい。ひと息入れて、もうひと回り成長してほしい」と先を見据えていた。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「マーメイドS」特集記事

2020年8月29日のニュース