【新潟新馬戦】ゴールドレガシーがV 戸崎は評価「能力がありそう」

[ 2020年8月22日 13:17 ]

 新潟5R新馬戦(ダート1800メートル)は、1番人気ゴールドレガシー(牡=平田、父ゴールドアリュール)が勝利した。レースは後方から一気に押し上がり4コーナーで5番手。そこから他馬とは全く違う伸び脚で外を一気に駆け上がった。

 戸崎は「3コーナーくらいでフットワークが良くなった。能力がありそう」と高く評価。平田師も「これは楽しみ。同じゴールドアリュール産駒だし、ゴールドドリーム(同厩舎でG15勝、年内で引退予定)の後継ぎが出てくれたかなという感じ」と笑顔を弾けさせた。

 次走はプラタナス賞(10月17日、東京)を視野に入れる。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2020年8月22日のニュース