【七夕賞】傾向と対策

[ 2020年7月12日 05:30 ]

 七夕賞傾向 過去10年の結果から傾向を探る(11年は中山)。

 ☆人気 1番人気【2・1・2・5】、2番人気【1・2・1・6】と振るわない。2桁人気の馬が【3・1・5・54】と波乱含み。

 ☆枠順 4枠【3・1・3・11】、6枠【3・1・2・14】と中枠が好成績。7枠は1頭も馬券に絡んでいない。

 ☆性齢 5歳が【5・3・2・32】。出走数は少ないが4歳も【2・1・1・7】と強い。人気薄の牝馬の好走も目立つ。

 ☆前走 前走G3組が【6・4・2・58】と優勢。中でも鳴尾記念組が4連対と相性◎。オープン特別組も【3・3・5・27】と健闘している。条件戦からの上がり馬は連対なし。

 結論 ◎エアウィンザー ○ジナンボー ▲パッシングスルー

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年7月12日のニュース