【川口・川口記念】青山V!自分でもビックリ「一生の思い出」

[ 2020年6月29日 05:30 ]

G2スポニチ杯「川口記念」を制して笑顔の青山
Photo By スポニチ

 川口オートのナイターG2スポニチ杯「川口記念」(優勝賞金160万円)は28日、12Rで優勝戦(4100メートル=8周)が行われ、青山周平(36=伊勢崎)が優勝を飾った。

 スーパーハンデをものともせず、2周目3コーナーで永井の後位にピタリと付けると、巧みなハンドルさばきで残り2周で先頭に立ち、Vゴールを決めた。

 「Sに集中して、行けるところからと思っていたが、自分でも信じられないくらい一生思い出に残るレースだった」と振り返る。

 現在は、新型コロナウイルスの影響で無観客だが、徐々に通常開催に戻りつつあり「お客さんが入れるようになったら、今まで以上にいいレースをしたい」と、今後の活躍を誓った。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年6月29日のニュース