【函館新馬戦】ジョディーズマロン、追うごとに良化 亀田「ダートの走りが凄くいい」

[ 2020年6月25日 05:30 ]

 土曜函館6R(ダート1000メートル)でデビュー予定のジョディーズマロン(牡=北出、父ディスクリートキャット)は血統こそ地味だが、函館での動きの良さが目立つ一頭。ダートコースでゲートから出して、最後は馬なりで5F64秒5~1F13秒8。

 手綱を取った亀田は「ダートの走りが凄くいい。体力は抜群で、ひと追いごとに良くなっている」と高く評価した。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年6月25日のニュース