キタサンブラックが34頭目の顕彰馬に選出

[ 2020年6月9日 15:37 ]

2017年の有馬記念で引退レースを飾ったキタサンブラック
Photo By スポニチ

 JRAは9日、2020年度の顕彰馬に16年、17年度の年度代表馬キタサンブラックを選定したと発表した。

 主な勝ち鞍は15年菊花賞、16年、17年天皇賞・春、16年ジャパンカップ、17年大阪杯、17年天皇賞・秋、17年有馬記念でG1・7勝。

 有効投票数196票のうち158票(得票率80・6%)を獲得。一昨年のロードカナロアに続き、34頭目の顕彰馬となった。 

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月9日のニュース