【宇都宮】神山拓 新星と初日ワンスリー「先行で自信をつけていけば戦法の幅も広がる」

[ 2020年5月22日 05:30 ]

<宇都宮>坂井とワンツーならず苦笑いの神山拓(右)
Photo By スポニチ

 初日11Rは坂井が果敢に先行して番手神山拓が悠々と1着。坂井が3着で地元ワンスリー。坂井は「S級で初めて先行らしい先行ができた。いくら練習してもレースでやらないと身につかない」と納得の表情。神山拓は「先行で自信をつけていけば戦法の幅も広がる」と期待の新星にアドバイスしていた。その神山拓は12R・二次予選Aで平原の番手回り。「しっかり付いていく」と話していた。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年5月22日のニュース