玉野競輪 親族感染の選手コロナ陰性、94選手自宅待機解除へ

[ 2020年4月6日 05:30 ]

 選手の親族から1日に新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、開催を中止した玉野競輪。ウイルス感染を調べるPCR検査を3日に受けていた九州地区所属の選手に対して5日、陰性の結果が出たことが分かった。同選手には保健所から濃厚接触者に当たるとして、2日からの自宅待機要請が出ていた。

 JKA新型コロナウイルス感染症対策本部は、2日時点で同選手は15日までレースに出場できないと発表。ただ、検査で陰性が確定した時は措置を解除するとしていた。この結果を受けて、同選手を含む出場予定だった94人はJKAから要請されていた自宅待機が解除されるため、今後も予定される無観客での開催に影響はないとみられる。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年4月6日のニュース