【春風S】ルッジェーロ待望V!現級14戦目で突破「よく伸びてくれた」

[ 2020年4月6日 05:30 ]

<春風S>三浦皇成騎乗のルッジェーロ(右)は木幡巧也騎乗のシスルをクビ差でかわし1着となる(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中山メインの3勝クラス・春風Sは、4番人気のルッジェーロが中団から鋭く差し切った。現級14戦目で待望の突破。三浦は「トモ(後肢)の感じも前走以上。直線で手前を替えてからはよく伸びてくれた。今日は自信を持って乗りました」と明るく話した。鹿戸師は「1400メートルくらいまでは大丈夫そう。次はまたこれから考えます」と話していた。 レース結果

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年4月6日のニュース