【大阪杯】戦い終えて

[ 2020年4月6日 05:30 ]

 ▼4着カデナ(鮫島駿)内が伸びる馬場なので外を回らないように気をつけた。手応え通りに伸びて惜しい内容でした。

 ▼6着ジナンボー(藤岡佑)先行有利の馬場なので強気に行ったけど最後は力の差が出ました。でもいいチャレンジでした。

 ▼8着レッドジェニアル(酒井)最後の脚を信じて馬群で我慢させました。このメンバーでしっかり競馬をしてくれました。

 ▼9着ステイフーリッシュ(岩田康)行かそうと思ったけど全然行けなかった。敗因は…。止まってはいないけどね。

 ▼10着サトノソルタス(藤岡康)スタートの出が前回より良かった。後ろからになったけど、最後まで脚を使ってくれました。

 ▼11着マカヒキ(ヒューイットソン)一生懸命に走っているけど、高速決着が合わなかった。

 ▼12着ロードマイウェイ(武豊)トモをひねってつまずいた。その後も良さを感じなかった。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年4月6日のニュース