【伊勢崎】桜井 オール連対で準決進出「エンジンの状態はいい」

[ 2020年3月7日 05:30 ]

オール連対で準決勝戦進出を果たした桜井晴光
Photo By スポニチ

 地元の桜井が3日目8Rでシリーズ初白星。オール連対でベスト32に名乗りを上げた。2周回1コーナーで2番手に浮上し、先行した矢内を追走。残り2周で捉えてぶっちぎった。3日目の上がり1番時計を叩き出し「うまい具合にいきましたね。上出来。道中無理かなと思ったけど、抜いてこられたしエンジンの状態はいい」。前回大会は優出を果たしたものの、その優勝戦は反妨で失格した。「そこまで意識せず、無事にゴールして優出できれば」。準決勝戦(12R)はオール10Mの2枠。早めの抜け出しから押し切りを狙う。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年3月7日のニュース