【愛知杯】ミスターX 力上位サラキア◎川田が大外枠から好位に導く

[ 2020年1月18日 05:30 ]

 今年は小倉競馬場で開催されるハンデ重賞・愛知杯(小倉11R)はディープインパクト産駒サラキアを本命に指名する。前走・エリザベス女王杯では見せ場たっぷりの6着。直線では左右から挟まれながらしぶとく脚を伸ばし続けた。昨夏はエプソムC2着、関屋記念5着と牡馬混合の重賞でも好走しており、ここでは力が一枚上だ。

 ハンデは重賞未勝利ながら55キロと見込まれたが、許容範囲か。脚質に自在性がある馬だけに開幕週の馬場を味方につけられそう。小倉コースも経験済み(18年に500万クラスでV)で不安はない。継続騎乗の川田が大外枠からスッと好位に導く。(16)から(2)(6)(8)(9)(14)。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2020年1月18日のニュース