菜七子、2・28サウジ遠征から3・8スペイン転戦へ

[ 2020年1月18日 06:10 ]

藤田菜七子
Photo By スポニチ

 サウジアラビアでの騎手招待レース(2月28日、キング・アブドゥル・アズィズ競馬場)に騎乗する藤田菜七子(22)が、その翌週にスペイン(3月8日、サルスエラ競馬場)で行われる騎手招待レースにも出場する予定があることが分かった。サウジアラビアでのレース後は日本に帰国せず、そのままスペインに飛ぶ可能性もある。

 見習騎手卒業に伴い、今週から女性騎手減量のみの2キロ減(◇)となる菜七子。18日は小倉で9鞍に騎乗する。メインの愛知杯で騎乗するカレンシリエージョ(牝5=鈴木孝)は2戦連続のコンビとなり、特徴は把握済みだ。菜七子は「前走はゲートをポンと出てくれていい位置を取れたが、距離は少し長い感じがした。相性のいい小倉なので期待したい」と意気込んでいる。

続きを表示

この記事のフォト

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年1月18日のニュース