【浜田・東京本社ワンモアトライ】小倉11R愛知杯 舞台巧者アロハリリーの出番だ

[ 2020年1月18日 08:00 ]

 今秋に控えた京都競馬場改修の余波を受け、今年の愛知杯は小倉開催。「愛知」と冠されたレースが福岡で行われるのは違和感しかないが、せっかくの機会なのでコース適性の高い馬を狙ってみたい。◎アロハリリーは小倉芝で【2100】。昨夏に博多S(3勝クラス)→小倉日経オープンと連勝を飾った。前走は秋華賞5着のラテュロス、後者もオープン勝ちのあるベステンダンクを2着に下しており、胸を張っていいレベル。軽快な先行力をフルに発揮できる舞台だ。

 結果の出た昨夏を踏襲して、今回も事前に小倉入厩を済ませて滞在競馬。鞍上も【3201】と抜群の相性を誇る北村友とコンビ復活で鬼に金棒。定石の先行策で押し切る。(7)から。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年1月18日のニュース