【馬券道コバヤシ 特別編】18日小倉12R 激流で踏ん張ったスマイルスターが今度こそ

[ 2020年1月18日 08:00 ]

 日経新春杯に出走するチェスナットコートは金曜追いを選択した。坂路単走で4F55秒6~12秒5。矢作厩舎は今年から、中1週のローテでは基本的に(長距離輸送がある時などを除き)金曜日に追い切りをかけることになった。岡助手は「厩舎の方針で試していこうと。金曜日にやれば、回復する間隔もとれますからね」と説明した。トップ厩舎の新しい試み。矢作師の「過去を超えることが厩舎のテーマ」という言葉を思い出した。ひたすらに、前へと進む。

 今日の狙いは小倉12R<13>スマイルスター。前走は2F目から10秒3→10秒7とかなり速いラップを刻んだ。2番手で進め、最後まで良く粘った。掲示板に乗った他の4頭は4角を10番手以下で回っていたことからも、いかに激流だったことが分かるか。大いに価値のある3着。今度こそ押し切る。

 馬券は馬単で相手は○ジョニーズララバイ、▲クーファディーヴァ、☆グッドレイズ、△タケデンサンダー、トミケンルーア、スワーヴラーシド、ロードラナキラへ流す。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年1月18日のニュース