【京成杯】ロールオブサンダー 心身とも成長!4F53秒9「楽な手応えで良かった」

[ 2020年1月16日 05:30 ]

<京成杯>坂路を駆け上がるロールオブサンダー(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 ロールオブサンダー(牡=橋口)は坂路で単走。4F53秒9~1F12秒5をマークした。橋口師は「楽な手応えで良かったです。以前は時計が出なかったけど、力をつけている」と好調ぶりをアピールした。20キロ増だった前走の京都2歳Sはしぶとく逃げ粘り3着。「体も大きくなり精神的にも成長しました。さらに良くなっていますね。中山も合うと思います」と期待は大きい。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年1月16日のニュース