【岡崎淳の馬見塾】13日中山10R 近走不振だが走れる条件はそろったマンカストラップ

[ 2020年1月13日 08:00 ]

 超人気薄必至のマンカストラップを狙う。昇級後は7着、16着、13着、16着、9着だから、クラスの壁がないとは言いづらい。ただ、今回は過去5戦と決定的に違う点がある。枠順だ。

 この馬は12~16番で【2111】という好成績が示すように、超が付く外枠巧者。その点、現級での5戦はいずれも1桁馬番だったから、言い訳はできる。昨年のこのレースは0秒3差の7着(2番)、前走は0秒7差の9着(1番)。内枠でもそこそこの走りはできているので、外枠さえ引ければ“もしかしたら…”ぐらいのポテンシャルはある。過去2勝を挙げる得意の中山ダート1200メートルなら、尚更見せ場以上があっていい。

 下級条件は逃げ先行馬が残っても、上級条件では差しが決まりやすいのが中山ダート1200メートルの特徴。ゴール前のガラリ一変を期待したい。

 馬券は単複と馬連流し。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年1月13日のニュース