【阪神JF】マルターズディオサ85点 小兵の技巧派“栃ノ海”

[ 2019年12月3日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<阪神JF>牝馬にしては腹袋がしっかりしており、トモや肩の筋肉量も豊富なマルターズディオサ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 マルターズディオサは440キロの体重以上に体を大きく見せています。牝馬にしては腹袋がしっかりしているし、トモや肩の筋肉量も豊富。なにより体調がいいから大きく見せているのでしょう。柏鵬が活躍した大相撲黄金時代の関取になぞらえれば、柏鵬に続いて横綱に昇進した栃ノ海。「小兵の技巧派横綱」と呼ばれました。ディオサも小兵ですが、筋肉はリアアメリア、レシステンシアに体重差ほど見劣りしません。

 ゆったりとした立ち姿には好感が持てます。牝馬ならこのぐらいの余裕が欲しい。四肢に力が入りすぎているリアアメリアや前向きな気性を前面に押し出したレシステンシアにはない長所です。目には幼さが残っていますが、レースキャリアを積めば競走馬の目つきに変わってくるでしょう。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年12月3日のニュース