【阪神JF】レシステンシア90点 剛の“柏戸”父ダイワメジャーの特徴を色濃く受け継いだ臀部

[ 2019年12月3日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<阪神JF>力で相手を圧倒した柏戸の「剛」をイメージさせるレシステンシア
Photo By スポニチ

 柔と剛の2強対決だ。鈴木康弘元調教師(75)がG1有力馬の馬体を診断する「達眼」。2歳女王決定戦「第71回阪神JF」(8日、阪神)ではデビュー2戦2勝で重賞を制したリアアメリアとレシステンシアを1位に指名した。達眼が捉えたのは昭和の大横綱・大鵬の「柔」と、その好敵手だった横綱・柏戸の「剛」をイメージさせる体つき。有力候補のボディーを大相撲黄金期の横綱になぞらえながら解説する。

 東京五輪前年(63年)の大相撲秋場所千秋楽。「剛」の柏戸と「柔」の大鵬による柏鵬全勝対決を制したのは柏戸でした。4場所連続休場からの再起と横綱昇進後初の優勝を懸けた秋の蔵前国技館。柏戸は立ち合いですぐに左上手を取ると、力任せに寄り切って大鵬を下しました。剛よく柔を断つ。レシステンシアの馬体は「剛」そのものです。

 分厚くて硬い筋肉の塊。牡馬のように強じんなトモ、野太い首、立派なキ甲、大きな腹袋、太い尾…。血は争えないと言いますが、筋肉マッチョな父ダイワメジャーの特徴を色濃く受け継いでいます。特に発達した臀部(でんぶ)は、この親にしてこの子あり。15年の阪神JFを押し切った同産駒のメジャーエンブレムにも筋肉の付き方がとても似ています。発達した上半身に比べて下半身はいささか頼りない。膝下が小づくりで、管囲も細い。陣営が気を使うところでしょう。

 気性の勝った顔立ちもダイワメジャー譲りです。鋭い目つき、きつい耳の立て方は4年前の2歳女王を思い起こさせてくれます。前向きさを伝える立ち姿。レースでも行きたがるはずです。やる気に満ちたパワーの塊のような鹿毛。猛牛のように激しく攻め立て、相手を力で圧倒した柏戸の「剛」を強くイメージさせます。

 柔よく剛を制し、剛よく柔を断つ。中国の古い兵書「三略」には2つの相反する教えが併記されています。柔と剛のどちらにも利点があり、やり方によって相手に勝つことができるという意味です。国技館よりも土俵が広くて長い阪神競馬場の1マイルで、剛よく柔を断つには…。猛牛のような怒とうの勢いを制御し、道中いかにリラックスして走れるか。リアアメリアの「柔」を断つ鍵です。

続きを表示

「2019 有馬記念」特集記事

「暮れの中山の名物レース 中山大障害」特集記事

2019年12月3日のニュース