【岡崎淳の馬見塾】23日東京11R レッドヴェイロンの2連勝だ!

[ 2019年11月23日 08:00 ]

 リステッドレースとあって好メンバーとなったが、昇級戦のレッドヴェイロンで勝負になる。昨年5月にはNHKマイルCでタイム差なしの3着がある実績馬。当時はやや低レベルのメンバー構成とも言われたが、改めて見れば2着ギベオン、4着ミスターメロディ、5着プリモシーン、6着パクスアメリカーナ、7着ダノンスマッシュ、12着タワーオブロンドンが後に重賞を勝っており、結構なハイレベル戦だった。その3着馬なのだから、オープンが壁になるとは思えない。

 1年ぶりの前走を競り合いで制しただけに反動が気になるが、攻め馬担当の松岡助手は「使って身が締まりました。中間も攻めたし、メイチの出来です」とキッパリ。ここもあっさり勝って、重賞戦線に名乗りを上げる。

 相手本線はサトノアーサー、ケイデンスコール、ソーグリッタリング。押さえはエントシャイデン、シェーングランツ、プロディガルサン。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月23日のニュース