【ジャパンC】シュヴァルグラン90点 海外で成長!水軍の総大将“村上武吉”

[ 2019年11月19日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<ジャパンC>欧州遠征からの成長を感じるシュヴァルグランの立ち姿(撮影 亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 旅は人を成長させます。未知の世界に触れることで人間の幅が広がるからでしょう。競走馬も成長させます。欧州遠征からの帰国初戦を迎えるシュヴァルグラン。昨年の有馬記念では事もあろうに陰部をさらけ出して写真に納まっていましたが、今度はきちんと収めて集中しながら立っている。少しは大人になったようです。筋肉量も増えています。マイラーっぽく見えるほど肩とトモのボリュームが増した。顔が小さく見えるほど首が太くなりました。英国のタフな馬場で2度のレースと調教を重ねた影響でしょうか。

 戦国時代でいえば大陸に進出し、海外貿易で巨万の財産を築いた村上水軍(日本最大の海賊)の総大将、村上武吉。海外とは勝手が違う日本の高速馬場に戸惑うリスクも抱えていますが、遠征のダメージはどこにもない。あるのは旅で得た成長という名の財産です。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月19日のニュース