【ジャパンC】ワグネリアン90点 毛ヅヤ抜群!ハンサムな“明智光秀”

[ 2019年11月19日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<ジャパンC>顔だけでなく馬体も美しいワグネリアン(撮影 亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 馬のイケメンコンテストが開催されれば、優勝候補はワグネリアンです。鼻筋がスラリと通った美男子。ハンサムな戦国武将といえば、貴公子然とした肖像画が残る明智光秀でしょうか。顔だけでなく馬体も美しい。赤褐色に輝く抜群の毛ヅヤ。薄い皮膚の下から肋がパラッと映っている。出色の仕上がりです。460キロ前後の馬体とあって筋肉量は目立ちませんが、その分、質がいい。疲労がたまりづらい柔らかそうな筋肉を身につけています。

 立ち姿も理想的。目、耳、鼻を前方の一点、まるで本能寺の方角に向けるような集中力を示している。それでいて、力みがない。中距離体形でも柔軟な筋肉と落ち着きがあれば2400メートルに対応できるのです。明智光秀の短い治世は「三日天下」と呼ばれています。ワグネリアンはダービーの「一日天下」で終わらないように願っています。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月19日のニュース