【岡崎淳の馬見塾】17日京都3R 待望のダート替わりでサウザンドスマイルを狙い撃ち

[ 2019年11月17日 08:00 ]

 京都3Rはサウザンドスマイルのダート替わりを狙う。曾祖母は砂の名牝ロジータ。祖母は04年のジャパンダートダービーで牡馬にまじって2着だったアクイレジア(父フォーティナイナー)という血統馬だ。

 このアクイレジアの血を引く馬はロジータ系の中でもダート色が濃く、芝0勝に対してダートは7勝。そして勝ち星を挙げた4頭を見ると、パイオニアシーザーがデビュー2戦目、トイガーとアルデュイナがデビュー3戦目、ランミネルバがデビュー4戦目で初勝利を挙げている。

 サウザンドスマイルは今回が初ダートで、しかもデビュー3戦目。まさにガラリ一変の要素が満載だ。単勝と馬連流しで勝負する。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月17日のニュース