【マイルCS】レイエンダ29点 G1初挑戦でもトップ戴冠の器

[ 2019年11月13日 05:30 ]

マイルCS出走馬の傾向採点表
Photo By スポニチ

 過去10年の結果から傾向を探り、重要項目をそれぞれ10点満点で採点する。

 (1)性齢 3歳【2・0・2・31】、4歳【3・6・4・23】、5歳【3・3・3・49】、6歳【1・1・1・30】、7歳【0・0・0・12】、8歳【1・0・0・4】。「5歳以下の馬」は連対率が13・2%(6歳以上は6%)で、基本的には若い馬を狙うのが得策。中でも4歳は連対率25%と最高で10点。3歳は昨年のステルヴィオが勝ったばかりということで次点評価の9点を与えたい。5歳は8点。7歳は7点にとどめる。加えて牝馬は【0・0・3・27】と大苦戦。牝馬も7点。

 (2)前走着順 レースの格に関係なく、前走で3着以内だった馬が【6・7・8・46】と圧倒的な成績を残す。4~9着だった馬は【4・3・2・63】とまだ狙えるが数字を落とす。10着以下だった馬は【0・0・0・40】と即、買い目から切っていいレベル。前走勝利の馬が10点、前走3着以内の馬が9点、同4~9着馬は8点、同10着以下の馬は7点とする。

 (3)ステップ 富士S組が【3・5・1・44】と最も活躍し10点を進呈。次点の天皇賞・秋組は【2・0・2・13】で9点。スワンS、スプリンターズS、毎日王冠、安田記念、京都大賞典組が1勝ずつを挙げるが8点まで。

 結論 3項目で29点を稼いだレイエンダが本命に。ダービー馬レイデオロを全兄に持ち、G1初挑戦でも戴冠の器は十分に持つ。対抗候補は充実一途の4歳馬ダイアトニックとダノンプレミアム。

続きを表示

この記事のフォト

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年11月13日のニュース