【浦和・JBCスプリント】ブルドッグ会心強襲V!御神本 大波乱を“演出”3連単149万円超

[ 2019年11月5日 05:30 ]

<JBCスプリント>レースを制したブルドッッグボスと騎乗した御神本(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ウイナーズサークルでの開口一番。御神本は「浦和競馬場に入場してくださった多くのファンの方は今日、菜七子ちゃんのG1制覇を見届けたかったと思います。勝ってしまってすみません」と“謝罪”した。 レース結果

 中団から豪快に脚を伸ばしての差し切り勝利。馬上でこん身のガッツポーズをつくった御神本は「返し馬の段階から、自分が乗ったここ3走では一番素軽い動きだった。2コーナーにかけてかなりのハイラップだったので、もしかしたら…と考えていた。4角の反応が良く、追いだしてからは“勝てるな”と思った」と会心のレースを振り返った。

 同騎手にとって、07年フジノウェーブ以来、12年ぶり2度目のJBCスプリント制覇。地元浦和・小久保厩舎の馬で中央勢に一泡吹かせると同時に、3連単149万円超の大波乱をも演出し、「菜七子ちゃんのG1勝利はいずれ見られると思いますので、今日は素直にブルドッグボスと小久保厩舎を褒めてあげてください」と笑顔で締めた。

 ◆ブルドッグボス 父ダイワメジャー 母リファールカンヌ(母の父デインヒル) 牡7歳 浦和・小久保智厩舎 馬主・Him Rock Racing 生産者・北海道浦河町の鮫川啓一氏 戦績36戦11勝(南関東11戦2勝) 総獲得賞金3億1750万1000円。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年11月5日のニュース