【天皇賞・秋】サートゥル 戦闘モード高まる「スイッチ入った」

[ 2019年10月22日 05:30 ]

 サートゥルナーリアが本番へ向けピッチを上げている。前走後は短期放牧。2日に帰厩、坂路を中心に本数を重ねる。1週前はCWコースで単走。馬なりで6F84秒0~1F12秒0をマークした。日曜日も坂路で4F54秒0~1F12秒5と時計を出した。担当の滝川助手は「帰厩した時はまだ“戦闘モード”になっていなかったけど、馬場に入ってスイッチが入った。日曜日も自分からハミを取っていってました。体重はいつもと変わらず出せると思う」と手応えを示した。 天皇賞・秋

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年10月22日のニュース