【岡崎淳の馬見塾】20日京都8R 底知れないアルコレーヌ

[ 2019年10月20日 08:00 ]

 きょうも2歳戦をオススメしたい。京都8Rなでしこ賞の1戦1勝馬アルコレーヌを狙う。

 
 デビュー戦は9月8日の阪神ダート1400メートル。序盤は4~5番手を追走し、3角では2番手に浮上。直線に向くと楽に抜け出して、5馬身差の完勝だった。「凄くマジメな馬」とルメール。何より評価したいのは最後まで止まることなく、上がり2Fを12秒7→12秒6と加速して、まとめたこと。時計こそ水準級だったが、坂のある阪神で加速ラップのフィニッシュは大いに価値がある。見た目のインパクトも◎で、1勝クラスで足踏みする器とは思えない。

 相手はタマモツワモノ。以下、テイエムサウスダン、オヌシナニモノ、ラインガルーダまで押さえる。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年10月20日のニュース