【岡崎淳の馬見塾】19日東京9R ワーケアから相手を絞って勝負!

[ 2019年10月19日 08:00 ]

 この時期の2歳1勝クラスやオープンは少頭数が多く、力関係さえ把握できれば少点数でビシッと仕留めやすい。土曜で言えば、東京9RのアイビーSが狙い目だ。◎ワーケアは6月東京のデビュー戦を上がり3F33秒2で差し切り。即重賞級と断言できるパフォーマンスで、ルメールも「能力は相当です」と大絶賛していた。まだまだこれから良くなりそうなハーツクライ産駒だが、このメンバーなら楽勝できるはず。

 問題は相手だが、前々から速い上がりでまとめたデビュー戦が好内容だったショコラブリアンと、力強い末脚が魅力のクリスティが本線。スリリングドリームはコスモス賞3着の実績で人気を集めそうだが、このレースはメンバーレベルが低かっただけに過信できない。

 馬券は3連単。フォーメーションで(7)→(2)(8)→(1)(2)(8)の4点に絞る。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月19日のニュース