【京都新馬戦】テイエムフローラ、最速上がりで差し切りV

[ 2019年10月13日 05:30 ]

 京都5R(芝1600メートル)は、6番人気テイエムフローラ(牝=鈴木孝、父スクリーンヒーロー)が中団からメンバー最速の上がり(3F39秒0)で差し切った。新馬戦連勝の和田は「ゲートがひと息だったので出していった。序盤からついて行ければ楽だったが力通り」と笑顔。これまた連勝の鈴木孝師は「こんな(不良)馬場でもよく伸びてくれた」。両者とも終始、笑みが絶えなかった。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月13日のニュース