ディープインパクト産駒、豪G1制す

[ 2019年10月13日 05:30 ]

 同じく豪コーフィールド競馬場で行われたG1トゥーラックハンデキャップ(芝1600メートル、18頭)をディープインパクト産駒フィアスインパクト(牡5=M・スミス厩舎)が差し切り、G1初勝利を果たした。鞍上はウィリアムズだった。同馬は母ケイアイガーベラでNHKマイルC勝ち馬ケイアイノーテックの全兄。14年セレクトセール(当歳)でカタールレーシングが購入し英国デビュー。その後、豪州に移籍していた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月13日のニュース