【松戸・G3滝澤正光杯】一成攻めて決勝 スピードで圧倒する「いつも通りに」

[ 2019年10月8日 05:30 ]

スピードある渡辺一成
Photo By スポニチ

 実力者の渡辺が安定した走りで決勝に駒を進めてきた。ナショナルチームで活躍したスピードが武器で、今シリーズは積極的に仕掛けるシーンが目立つ。33バンクを意識して前々に攻める姿勢が好結果につながっている。「取鳥君が仕掛けそのスピードに乗っていこうと思ったけど結構、踏まれて出切るのに脚を使わされた。決して楽ではなかった」と準決を振り返り気持ちを引き締めている。決勝は南関4、中四国2、北2人、単騎の構成。「いつも通りに」と好機に仕掛けてスピードで圧倒する。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月8日のニュース