【戸田・プリムローズ】須藤 地元の牙城守った!2着に安ど「1Mの掛かりが凄く良かった」

[ 2019年9月16日 05:30 ]

<戸田>準優12Rで2着に入り、ピットに引き揚げる須藤
Photo By スポニチ

 須藤が地元の牙城を守った。準優12Rは3号艇。1つ外の興津にまくられたが、バック2番手を確保した。その後は瓜生、弟子の中田の猛追に遭ったが、何とか振り切り2着に入った。「1Mの掛かりが凄く良かったので残せた」と安どの表情を浮かべた。戸田では15年に関東地区選を制しているが、周年記念のタイトルはまだない。「引退するまでには欲しいタイトル。獲りにいかないと獲れないと思うので、明日は精いっぱいの仕事をする」と意気込んだ。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年9月16日のニュース