【セントウルS】ファンタジスト“休暇”終えて激変!?

[ 2019年9月4日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・栗東=3日】楽しかった小倉が終わり秋競馬が開幕。しかもいきなり3重賞。一気に現実に引き戻されたオサムは「気合を入れなければ」と取材に向かった。

 セントウルSで復活を誓うファンタジスト。前走の北九州記念は4番人気も14着。梅田師の嘆き節が痛々しくも面白かった。

 「パドックで寝ようとするそぶり。返し馬も行かないし、ゲート裏でも砂が深いから寝ようとしていた。まったく“バカンスに来た”ぐらいに思っていたんとちゃうかな」。結局、出負け気味のスタートから置かれて4角最後方。“らしさ”の片りんもなかった。

 春は皐月賞、NHKマイルCにも挑戦した重賞2勝馬。前走に関して言えば、気持ちが乗らなかった。

 「前走は全く走っていないから疲れもない。1回使ったことでスイッチが入ってくれたら」。嘆きの裏には激変への確信がある。今日の最終追いは“本気度”をチェックだ。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年9月4日のニュース