【関屋記念】オールフォーラヴ 重賞初VへCWコース単走、1F11秒7の末脚を発揮

[ 2019年8月7日 19:22 ]

 連勝中の牝馬オールフォーラヴはCWコース単走でダイナミックな動き。直線で強めに追われると、1F11秒7の末脚を発揮した。

 福永助手は「サッとやったが、時計も出ていたし、体調は良さそう。充実していますね」と好感触。新潟は初めてとなるが「持続力があって、長くいい脚を使えるタイプ。舞台は合うと思う。位置取りや展開次第で十分チャンスはある」と重賞初Vを狙っていた。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「シリウスS」特集記事

2019年8月7日のニュース