【東京新馬戦】グランチェイサーV!矢野師「勝負根性も合格点」

[ 2019年6月9日 05:30 ]

 東京5R新馬戦(芝1400メートル)は好位で折り合った5番人気グランチェイサー(牡=矢野、父ダイワメジャー)が直線で息の長い末脚を発揮。先に抜け出して粘るインザムービーをジリジリ追い詰め、最後は首差で捉えた。「前の馬が物見したり、逃げた馬が膨れたりと想定外のレースに。そういう中でうまく対応して、いい位置で我慢できたのが勝ちにつながった」と田辺。矢野師も「ペースが乱れた中、うまく運べた。思った以上にしぶとい脚で勝負根性も合格点」と評価した。次走は未定。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年6月9日のニュース