展開を読む【フリーウェイS=スローペース】

[ 2019年5月19日 05:30 ]

 トミケンキルカスがすんなりハナへ。楽なペースで淡々と進み、エスターテ、アダムバローズは好位でじっくり。中団~後方のライラックカラー、スワーヴアーサー、オールザゴーは直線勝負。ラストは瞬発力が問われる展開になる。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年5月19日のニュース