【岡崎淳の馬見塾】19日新潟12R 再転入初戦で妙味ありのレッドフィオナ

[ 2019年5月19日 08:00 ]

 地方からの再転入初戦となる馬は、人気を集めにくい傾向にある。まして、芝となれば尚更だ。新潟12Rのレッドフィオナは笠松で3戦2勝の成績を残してのJRA復帰。いきなり芝へのチャレンジとあって人気は集めないだろうが、以前のJRA在籍時には芝2000メートルの未勝利で2着の実績がある。山手助手も芝適性に太鼓判を押す。

 「背中がいいね。トビが大きいし、芝でいいんじゃないかな」
 さらに、肝心の能力面についても前向きなコメントを残す。
 「以前のJRA在籍時はテンションが上がって難しいところがあったみたいけど、攻めではそういう面は見せていない。乗った感じでは走りそう。切れるイメージがあるよ」

 半兄は菊花賞4着のハーバーコマンド、半姉はクイーンCや阪神牝馬Sで2着だったイチオクノホシ。血統面からも芝向きのポテンシャルを感じるだけに、ここが狙い目と見た。

 馬券は単勝と馬連流し。相手はルナステラ、タガノエルフ、ソシアルクラブ、エールグラーツ、コスタネラ、プリンセスルーラー、レーヌジャルダンに流す。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年5月19日のニュース