【浜松・オールスター】泉田 初の雨走路に気合十分

[ 2019年4月30日 05:30 ]

<浜松>3日目7Rでシリーズ連勝に成功した泉田
Photo By スポニチ

 33期の泉田が3日目7R「準々決勝戦」で10Mオープンの1枠から気合の1コーナー先制に成功。そのまま6周回を逃げ切り、SG初出場で準決進出の快挙を果たした。「滑りがあって、道中はコースを守って大事に走るしかなかった」と楽ではなかったが、永井や松尾といったSG常連を相手に勝ち切ったのだから自信につながるはずだ。

 3日間を2、1、1着でまとめた泉田だが、雨走路は「浜松では練習でしか走ったことがない」と未知数。それでも「乗りながらタイヤを見つけていく」と気合十分だ。4日目準決10Rは、V候補筆頭の鈴木圭や雨実績断然の荒尾、吉原ら難敵がズラリ。相手に不足はない。再びトップスタートを繰り出すだけだ。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年4月30日のニュース