【新潟大賞典】戦い終えて

[ 2019年4月30日 05:30 ]

 ▼2着ミッキースワロー(菊沢師)トップハンデでも力があるところを見せてくれた。枠がもう少し違っていたら良かったかな。

 ▼3着ロシュフォール(ルメール)背中がしっかりしていない中で、初めての重賞でもいい競馬ができた。いい手応えだったが、ラスト50メートルで疲れてしまった。

 ▼4着ルックトゥワイス(北村友)ゲートを五分に出て流れに乗れた。4角で内から寄られて少しトモを落としたのが痛かった。

 ▼5着ブラックスピネル(三浦)自分のリズムで悔いのない競馬ができた。

 ▼6着クリノヤマトノオー(和田)脚はあるけど左回りはあまりうまくない。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年4月30日のニュース